世界の才能を日本へ、
日本の才能を世界へ

世界の才能を日本へ、
日本の才能を世界へ

【Connect Job newsletter】ニュースレター創刊

2019年09月11日 10:00:59

<ニュースレター創刊>
当ニュースレターは、これまでフォースバレー・コンシェルジュの社員がご挨拶、お取引をさせていただきました⽅々を対象にお送りします。国境を越えたグローバル採⽤⽀援に特化した⼈材会社ならではの視点で、⼈材のマーケット情報、世界の採⽤トレンド、ダイバーシティのコツなど、価値ある情報を毎⽉お送りいたします。

どうぞお楽しみに︕

<メイントピック掲載予定>
・外国⼈労働者増加率世界No.1はなんと⽇本︕︖
・⽇本の⼈材不⾜は完全解消できる︕(どうやって︖︖)
・中⼩企業や地⽅企業でもご安⼼ください︕秘訣教えます…等

<世界で⼀番外国⼈労働者を増やしている国はどこ︖>
世界には約2.6億⼈の移⺠がおり、そのうち約1.6億⼈が労働者です。OECD諸国の移⺠の受け⼊れ数を⾒ると、ドイツが圧倒的、次いでアメリカ、イギリスと続きます。では外国⼈労働者を今世界で⼀番増やしている国はどこでしょうか︖


実は、⽇本なんです︕


都内に限らず地⽅でも、コンビニエンスストアや外⾷チェーン店で働く外国⼈の⽅々をよく⾒かけるようになりました。旅⾏客だけでなく、⽇本に移住し働く外国⼈が近年激増しています。国内の外国⼈労働者の割合は2%(2017年)と、全体の割合としては低いのですが、受け⼊れ伸び率は世界⼀。2010年〜2018年の間で約2.6倍に増えています。しかしその約半数は短期的な就労ビザで働く⽅々です。また、技能実習⽣の実習実施者による法令違反や、資格外活動の労働規定時間をオーバーして働くアルバイト学⽣も増え、単純労働者の増加が問題視されています。


はたしてこのままで良いのでしょうか︖

 

 


---次号へ続きます(10/10配信)---

  • このエントリーをはてなブックマークに追加