企業情報

企業情報

役員・顧問

役員

シバサキ ヨウヘイ柴崎 洋平 代表取締役 社長
Founder and Chief Executive Officer

1975年 東京生まれ。幼少期をロンドンで過ごす。1998年 上智大学卒業後、ソニー株式会社に入社。携帯電話向けカメラの商品企画、半導体の営業・マーケティング、PlayStation3のフォーマット普及に従事。世界を代表する多くのグローバル企業と世界中でビジネスを行う。2007年ソニー株式会社退社後、同年、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社設立。
2013年~上智大学非常勤講師に就任。
2013年 世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leaders 2013選出。
2016年 新経済連盟「少子化・人口問題検討PT」ワーキンググループのコアメンバー就任。
2016~2018年 官民協働海外留学支援制度~トビタテ!JAPAN日本代表プログラム~学生向講師に就任。
2017年 厚生労働省「平成29年度厚生労働省委託事業外国人雇用対策に関する実態調査事業」研究会委員に就任。
2018年 スイスで開催されたダボス会議では移民問題に関するパネルディスカッションで登壇。
2019年 厚生労働省「平成31年度民間職業紹介従事者の人材育成推進事業」外国人材検討部会委員に就任。
2019年 一般社団法人外国人雇用協議会 理事に就任。

ハマダ ヨシオ濵田 吉郎 取締役 副社長
Executive Vice President and Director

1999年 立命館大学経営学部卒業後、ソニー株式会社入社。
2004年 ソニー香港・ソニー中国赴任。 香港ではDVD用光学ピックアップのシェア拡大に貢献。
その後、香港中国メーカーのBlu-rayビジネスの立ち上げに従事。
2010年9月 フォースバレー・コンシェルジュ株式会社入社。同時に取締役副社長に就任。

タケダ アキ竹田 亜希 取締役
Exective Director

2002年上智大学外国語学部英語学科を卒業後、株式会社インクス入社。
ものづくりに関するコンサルティング(プロセス改革ソリューション)を提供する同社のBusiness Groupで購買、外注管理、工程管理等の業務に従事。
その後、現勤務先のフォースバレー・コンシェルジュ株式会社の立ち上げに参画、取締役就任。

ハシモト カツヒロ橋本 和宏 取締役
Exective Director

2006年早稲田大学文学部を卒業後、東証一部上場の経営コンサルティング会社 株式会社ベンチャー・リンク入社。コンサルタントとして約半年間の現場経験後、人財開発本部に異動となり自社の採用活動や人材育成を中心に組織創りに取り組む。
2009年4月フォースバレー・コンシェルジュ株式会社に3人目のメンバーとして参画。入社後は一貫してグローバル人材事業の拡大に従事。現在は組織人事の担当役員として最高のチーム創りに取組みながら、対官公庁系事業の推進を担う。

イガ トモヒロ伊賀 智洋 取締役
Exective Director

1994 年 一橋大学商学部卒業後、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。 主に企業再生業務に従事。
2003 年株式会社キアコン出向後に入社。企業再生ファンドにて国内最大手小売業への投資案件等に参画。
2005 年株式会社リヴァンプ創業に参画。投資事業の担当や支援先の管理部門責任者、代表取締役を歴任。
2014年3月フォースバレー・コンシェルジュ株式会社入社。

オノダ シゲヒデ小野田 重豪 執行役員

1999年 青山学院大学経営学部卒業後、株式会社日立製作所入社。情報通信事業の官公庁営業に従事。
2005年デル株式会社に入社し、グローバルビジネスの拡大に貢献。
VanderbiltUniversityにてMBA取得後、2009年ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の臨床検査・診断薬部門オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスに入社。米国本社勤務を経て日本法人では臨床検査事業のマーケティ ングを統括。
2016 年よりフォースバレー・コンシェルジュ株式会社に入社。

ハセガワ タカユキ長谷川 貴之 執行役員
Director

1998年上智大学外国語学部英語学科を卒業後、株式会社CSK(現SCSK)入社。
主に流通・サービス業界向けシステムの構築をSE・PMとして担当。
2005年よりラインマネージャとして組織運営に従事。
2007年独立してWebサイト/システム制作サービスを提供する株式会社DMZを設立し、同時に代表取締役に就任(現任)。
2017年10月フォースバレー・コンシェルジュ株式会社入社。

社外取締役

ヒウラ マサキ日浦 正貴

公認会計士
1997年朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に入所し、法定監査、株式公開支援業務等に従事。
2005年スター・マイカ株式会社に入社し、同社の株式公開、その後の市場変更を主導。取締役CFOとして企業経営に参画し、管理部門を統括。
2016年ライジング・フォース株式会社取締役就任。日浦公認会計事務所を設立し上場準備会社の支援等を行う。
2017年株式会社フレアス社外監査役就任。

アドバイザリーボード

イデイ ノブユキ出井 伸之

1960年早稲田大学卒業、1995年社長兼COOに就任後、会長兼グループCEOなど、10年にわたりソニー経営のトップを担う。2006年9月、クオンタムリープ株式会社を設立。2012年6月にNPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブを設立、理事長就任。他には、アクセンチュア、百度公司(Baidu)、フリービット、レノボ・グループ、マネックス・グループの社外取締役等も務めている。他に上海交通大学海外教育学院教授、DeNAアドバイザリーボードなど。

タケウチ ヒロタカ竹内 弘高

1969年 国際基督教大学卒業後、カリフォルニア大学バークレー校にてMBAおよび博士号取得。2010年より 一橋大学名誉教授、ハーバード大学経営大学院 (ハーバード・ビジネス・スクール) 教授。マッキャン・エリクソン、マッキンゼ-・アンド・カンパニーにおける実務経験も有し、専門分野は競争戦略、知識経営、マーケティング(新製品開発)、インターナショナル・ビジネスなど。著書、「The Knowledge-Creating Company」:1995年度 全米出版協会のベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー賞(経営分野)受賞。2011年5月号 米誌ハーバード・ビジネス・レビュー: 「The Wise Leader」カバー論文掲載。1993年10月 Business Week誌: 「社内教育プログラムの講師として世界でトップ10に入る経営大学院教授の一人」1996年4月 Fortune誌:「これからの日本でパワーを持つことになるグローバルな視野を持った若い世代の知的リーダー」

コマツ マサミ小松 真実

2000年に大学卒業後、ミュージックセキュリティーズを創業。2002年に同社を株式会社化し、代表取締役就任。アーティストを支援する「音楽ファンド」等のマイクロ投資プラットフォームを提供するビジネスを展開。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。世界経済フォーラム(ダボス会議)、Young Global Leaders (YGL) 2013 選出

Severine Pin

1993年フランスのHEC School of Management 卒業後、国際会計事務所Arthur Andersen、欧州最大の商業用不動産投資会社 Unibail でコンサルティングとファイナンス業務に従事。
スイスで6年間を過ごした後、UKのテレビ局EurosportのCFOに就任。

テクニカルアドバイザー

及川

オイカワ タクヤ及川 卓也

大学を卒業後、外資系コンピュータメーカを経て、マイクロソフトにてWindowsの開発を担当。Windows Vistaの日本語版および韓国語版の開発を統括した後、Googleに転職。ウェブ検索やGoogleニュースをプロダクトマネージャとして担当。その後、Google ChromeやGoogle日本語入力などのプロジェクトをエンジニアリングマネージャとして指揮する。2015年11月より、Incrementsにてプロダクトマネージャとして従事後、独立。2011年の東日本大震災後に、災害復興支援や防災・減災にITを活用する活動を開始。

監査役

ヤマダ ヨシノリ山田 善則 監査役
Auditor

1969年 安田生命保険相互会社(明治安田生命保険相互会社)入社。
1999年 常務取締役に就任。
2003年 退任後、保険調査会社 株式会社J・C取締役社長。
2008年 みずほ信託銀行株式会社常勤監査役に就任、2012年6月同社退任。
2012年 グローバルファミリーオフィスのNACRE Group日本法人㈱日本AP(アセット・プロテクション)センター設立。取締役会長就任。
2013年 株式会社日本M &Aセンター社外監査役就任。
2016年 同社社外取締役(監査等委員)就任

カワノ ヒロト河野 浩人 非常勤監査役
Part-time Auditor

公認会計士
1997年太田昭和監査法人(現新日本監査法人)入社
2001年日興コーディアル証券入社(現SMBC日興証券) 入社
2003年河野公認会計士事務所設立 代表就任
数々のIPOサポート、経営・会計・税務コンサルティングを行う

顧問弁護士

ナカヤマ タツキ中山 達樹 顧問弁護士
Legal Advisor

東京大学法学部,シンガポール国立大学法学部大学院卒業。三宅・山崎法律事務所,Drew &Napier 法律事務所等を経て,現在は中山国際法律事務所の代表弁護士・国際化支援アドバイザー。主要著書に『アジア労働法の実務Q &A』(商事法務,共著)等。海外進出及びグローバル・コンプライアンスに関する講演多数。環太平洋法曹協会(Inter-Pacific BarAssociation) にて要職を歴任。