世界の才能を日本へ、
日本の才能を世界へ

世界の才能を日本へ、
日本の才能を世界へ

代表取締役社長の柴崎が出入国管理庁からご依頼を受け、自由民主党の司法制度調査会に外国人材採用分野の第一人者として登壇しました

2020年02月12日 16:56:45

【登壇情報】

2020年2月4日、弊社代表取締役の柴崎が出入国管理庁からご依頼を受け、自由民主党の司法制度調査会に外国人材採用分野の第一人者として登壇させていただきました。
テーマは、「日本型多文化共生社会の実現に向けた諸課題について 」

「外国人材受入れ戦略には膨大なマーケティングが必要」という観点から、これまで世界中の情報を徹底的に調べあげた経験を基に、具体的なマーケティング方法、日本が目指すべき多文化共生社会のGood Case / Bad Case、特定技能制度における日本の外国人材受入政策の分岐点、ターゲット地域の選定、外国人材の定着に向けた職場環境、外国人材との共生に向けた企業による取り組み事例など、盛りだくさんなお話をさせていただきました。

質疑応答では、終了時間を過ぎても質問が続き、終了後は「とても勉強になった」「刺激的な時間でした」「また是非勉強会を実施してほしい」等の声を多く頂く事ができました。

今後も弊社では、外国人材採用分野の第一人者として各種メディア・官公庁等での政策提言や情報発信など日本が目指すべき多文化共生社会の実現に向けたメッセージを発信して参ります。

 

 

<フォースバレー・コンシェルジュ株式会社>

世界中の人材と企業を繋ぐ、国境を越えたグローバル採用支援事業を展開。自社開発のデータベースには136ヵ国、累計約30 万人の高度人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に約400 社とお取引をさせていただいております。インド工科大学、シンガポール国立大学をはじめとした世界トップクラスの大学約 700 校における新卒ネットワークを保有。世界中で合同企業説明会・選考会を行い、日本企業と日本就職を希望する人材を繋げています。2018年にはAIマッチングによるダイレクトリクルーティングサービス「Connect Job」をリリース。自国にいながら世界中の優秀な人材を直接獲得できるプラットフォームを提供しています。経済産業省・沖縄県・富山県・静岡県・長野県等、省庁・地方自治体からも事業を受託。官公庁とも連携して新興国の若手人材の就職支援を実施しています。雇用不足の国から、人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献します。

----------------------------------------------------
外国人材採用に関することや外国人雇用政策など、勉強会や講演依頼がございましたらお気軽にお問い合わせください
Tel : 03-3263-6847 Email: pr@4th-valley.com (広報:池田)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加