【2017/08/22】ベトナムの高度IT人材向けに、無償の日本語トレーニングセンター「日本センター」を開設いたしました。


ベトナムの高度IT人材の日本就職をサポート 事業拡大に伴いフォースバレーホーチミンオフィスもリニューアルオープン

国境を越え世界中から優秀な人材をリクルーティングし、企業や大学・教育機関の人材獲得を支援するフォースバレー・コンシェルジュ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下:フォースバレー) は優秀なIT人材を獲得し育成する職業訓練校「日本センター」ホーチミン校を、2016年開校のダナン校に続きオープンいたしました。現地の高度人材に日本語・ビジネススキル教育を無償で提供し、日本での就職を支援いたします。またベトナムでの事業拡大に伴い、ホーチミンオフィスをリニューアルオープンいたしました。


◆IT系トップ大学が集中するホーチミンにて開校、優秀なITエンジニアを獲得 ◆母国で日本語を学習する為即戦力となるITエンジニアの育成が可能 ◆優秀な生徒は受講終了後に日本企業と面談、教育から日本就職まで無償でサポート










【ホーチミン「日本センター」概要】 <場所>4th floor, 391A Nam Ky Khoi Nghia Street, Ward 7, District 3, HCMC <授業内容>日本就労を目指し、「聞く・話す」という相手があるコミュニケーションに重きを置いた日本語教育。(1日5時間/週5日) ※ホーチミンオフィス併設。

「日本センター」はアジアの高度人材に対し、日本への就職を目的とした実践的な日本語教育及びビジネススキル教育を行います。単なる語学学校とは異なり、日本の企業文化を踏まえた日本語での問題解決能力、抽象的な議論を行える高度なコミュニケーション能力を養います。授業は日本企業の奨学金により無償で提供され、一定のレベルに達したと認められる人材には日本企業とのマッチングも行います。また日本語学習に限らず、今後プログラミング授業も追加しエンジニア育成の総合職業訓練校として世界への規模拡大を視野にいれています。