【2021/01/22】フォースバレー、日本貿易振興機構(ジェトロ)の高度外国人材活躍推進ポータルサイトの企業情報 日英PR文作成案件を受託 ~企業は無料で情報掲載が可能、外国人材採用を強力に促進~

世界中から国境を越えたグローバル採用支援を行うフォースバレー・コンシェルジュ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下フォースバレー) は、独立行政法人日本貿易振興機構(以下ジェトロ)が運営するポータルサイト「高度外国人材活躍推進ポータルサイト」の活用推進・活性の為、企業PR情報の作成・英訳案件を受託しました。2021年1月から2021年3月15日までの間、日英両言語で外国人材に対する日本企業のPR文作成を支援します。 ジェトロは政府の「未来投資戦略2018」を受け、高度外国人材の呼び込みを図る「高度外国人材活躍推進プラットフォーム」を2018年12月25日に設置し、このプラットフォームの取り組みの一環としてホームページ上に「高度外国人材活躍推進ポータルサイト」を開設しました。「高度外国人材活躍推進ポータルサイト」では省庁横断的な情報発信を行うとともに、専門相談員による中堅中小企業に対する個別支援サービス「伴走型支援」を提供するなど、プラットフォームの事務局として高度外国人材に係る多様な事業を展開しています。 同ポータルサイトでは日本企業が自社のPR情報を載せるサービス「高度外国人材関心企業情報」の掲載を日英両方の言語で運営しています。通常この企業情報の掲載に際し、企業の担当者自身が自社のPR文を執筆し、英訳する必要がありますが、今般ジェトロにて上記期間中「高度外国人材活躍推進 PR文作成支援キャンペーン」を実施することとなり、今回弊社がその案件を受託することとなりました。掲載希望企業は、期間中無料で本支援を受ける事が可能です。フォースバレーは創業以来13年間に亘る外国人材採用の豊富な実績から、掲載企業の自社PRを専門的視点で行います。掲載ご希望の企業様は、以下のウェブサイトをご覧ください。 ジェトロ 高度外国人材関心企業情報 PR文作成支援キャンペーン  https://www.jetro.go.jp/hrportal/campaign.html <ポータルサイト トップページ>

フォースバレーは、同案件を通じて日本就職を叶える高度外国人材が増加することで、日本の慢性的な労働力不足の解消と、発展途上国の若者の日本就職の夢と母国の発展に寄与しうる存在への成長・日本での活躍を願っています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 世界中の人材と企業を繋ぐ、国境を越えたグローバル採用支援事業を展開。自社開発のデータベースには136ヵ国、累計約30 万人の高度人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に約400 社とお取引をさせていただいております。インド工科大学、シンガポール国立大学をはじめとした世界トップクラスの大学約 700 校における新卒ネットワークを保有。世界中で合同企業説明会・選考会を行い、日本企業と日本就職を希望する人材を繋げています。2018年にはAIマッチングによるダイレクトリクルーティングサービス「Connect Job」をリリース。自国にいながら世界中の優秀な人材を直接獲得できるプラットフォームを提供しています。経済産業省・沖縄県・富山県・静岡県・長野県等、省庁・地方自治体からも事業を受託。官公庁とも連携して新興国の若手人材の就職支援を実施しています。雇用不足の国から、人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献します。 【プレスリリースに関するお問い合わせ】 https://www.4th-valley.com/contact/ または広報 池田(直通:070-3336-7837)まで フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル 5F WeWork東急四谷 Tel : 050-1745-6740  http://www.4th-valley.com/ ※代表取締役社長の柴崎へのご取材等、広報までお気軽にご相談ください。