【2021/08/06】『インド工科大学の学生は日本を目指す』 フォースバレー、IIT通信を発行 ~昨年の初任給最高額2300万円!世界最高峰IT学生の採用争奪戦の最前線~

世界中から国境を越えたグローバル採用支援を行うフォースバレー・コンシェルジュ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下フォースバレー) は、日本でも注目が高く、世界中の大手IT企業に多数人材輩出しているインド工科大学(Indian Institutes of Technology、以下IIT)の就活情報等をまとめた最新情報を今後定期的に発行して参ります。



フォースバレーは過去10年に渡り大多数の日本企業のIIT学生採用支援を行い、昨年は入社ベースでおよそ100名もの学生の日本企業就職を実現致しました。 IIT学生は日本就職を希望しないという論調の記事が散見されますが、今や日本は最も就職する国になっています。一方、欧米企業の本国採用はここ数年で減少傾向にあります。IIT通信では、そのように一般には収集できない情報を今後定期的にレポートして参ります。

また、弊社は就職のみならず、日本でのインターンシップの支援や日本のビジネス環境・文化等に関する授業も毎年実施しているため、そのナレッジやネットワークを基に就職以外の情報も含め弊社独自の調べをまとめます。


2020年のIIT学生の就活状況は、コロナ禍にも関わらずいくつかのキャンパスで内定数が大幅に増加し、就活解禁日初日に国内就職を中心にIIT全体で約1,000件の内定が出されました。事前採用オファー*(Pre-Placement Offers:企業インターンをした学生に対して、12月の選考が始まる前に内定を出すオファー)は初任給の最高額が約2,300万円(Rs 1.54 crore、2021年8月5日時点のレート換算)と、過去最高額を更新しています。

また、メディアの取材に対してIITの就職課担当者は「米国から本国採用をする企業は減ったが、日本から採用に来る企業数は変わらず一定数いる上、コロナ禍で新たに参加する企業もいる」と日本についての言及をする等、IIT学生の海外就職において日本は外せない存在となってきています。











弊社が担う単位認定型 日本就職プログラム(2018年~)









親日IIT学生を集めた“Japan Night”(学食貸し切り!) 今後、「インド工科大学とはそもそもどういう学校?」や、「IITの採用の仕方は普通とどう違うの?」「世界のIIT就活状況は?」等、我々独自の情報をご提供していきます。 「こういった情報が欲しい!」「フォースバレーしか持っていない、IITでの面白いエピソードなどは?」など、ご要望も受け付けております。 お問い合わせは info@4th-valley.com または広報 池田までお気軽にご連絡ください。

 フォースバレー・コンシェルジュ株式会社  世界中の人材と日本の企業を繋ぐ、国境を越えたグローバル採用支援事業を展開。自社開発のデータベースには186の国と地域、累計約35 万人の人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に約400 社とお取引させていただいております。インド工科大学、シンガポール国立大学をはじめとした世界トップクラスの大学約700校における新卒ネットワークを持ち、世界中で合同企業説明会・選考会を開催し、日本企業と日本就職を希望する若者を繋げています。2020年より在留資格「特定技能」分野にも参入。今年、候補者と企業を直接繋ぐオンラインマッチングプラットフォーム「Connect Job WORKERS」をリリース。創業以来実績・定評のある高度人材領域のみならず、ミドルスキル人材領域までカバーしております。また、厚生労働省・経済産業省・沖縄県・神奈川県・静岡県・富山県等、省庁・地方自治体からも事業を受託し、官公庁と連携して新興国からの若者の就職支援を行っております。雇用不足の国から、人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献します。 【本件に関するお問い合わせ】 フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 http://www.4th-valley.com/ 東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル 5F WeWork東急四谷 Tel : 050-1745-6740 広報 池田 ※代表取締役社長の柴崎へのご取材等、広報までお気軽にご相談ください。