top of page

【2023/03/02】採用計画を必ず達成!地方・中小企業待望のITエンジニア採用 新サービス始動。

インド・ネパールから日本語の話せるITエンジニアを紹介。内定承諾率100%の実績。限定30社に2年以内退職時の全額返金保証。

世界中から国境を越えたグローバル採用支援を行うフォースバレー・コンシェルジュ株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下フォースバレー)は、地方・中小企業を対象に、インド・ネパールを中心とした外国人ITエンジニアの獲得支援サービス”Connect Job Class”を2023年3月より本格始動(※)いたしました。 フォースバレーは、2022年9月よりクローズドにて本サービスを開始し、約6ヶ月の間に15社、25名以上の採用が決定しました。現地政府や現地企業との独自のネットワークにより、日本のITエンジニア採用では難しい圧倒的な応募数と内定承諾率100%という成果が出ています。また、採用決定した企業のほとんどが地方の中小企業であり、提示年収が400万円以下でも経験3-5年の即戦力エンジニアの採用が可能でした。本サービスでは数名〜数十名単位で、日本語の話せる外国人ITエンジニアが採用可能です。今後、2年間で200社、累計1,000名の採用支援を目指しており、日本のITエンジニア不足の完全解消に貢献します。 ※限定30社に2年間の退職時全額返金保証



背景

日本の人口減少に伴う人材不足が問題となっていますが、とりわけIT市場においては2030年には約79万人が不足するとも推測され、深刻な状況です。中でも相対的に給与レンジ等の条件面で都心部の大企業に劣る地方・中堅・中小企業はその傾向が顕著です。企業は外国人ITエンジニアを活用したいものの、言葉の壁や条件面でのミスマッチが採用の障害となっており、日本語でコミュニケーションをとる事ができる外国人ITエンジニアの存在が市場で渇望されています。 そのような背景から、フォースバレーはIT分野の人材確保には海外からの獲得、特にインド・ネパールをはじめとする南西アジアからの人材獲得が重要な役割を果たすと考えています。


なぜインドとネパールなのか?


南西アジアは、日本と比較して経済格差が最も大きい地域です。特にインドの平均年齢は28歳、一人当たりのGDPは約2,000ドルで、日本の約1/20です。ネパールにおいても平均年齢は24歳、一人当たりのGDPは約1,100ドルで、日本の約1/40になります。これらの地域には、雇用機会が限られているにもかかわらず、若くて意欲的なIT人材が多く、人材採用を目指す企業にとって魅力的な母集団になり得ます。 フォースバレーは約5年前から南アジア地域に投資をし続け、日本語が話せる親日のITエンジニアの確保・育成に力を入れてきました。

Conect Job Classの特徴

日本語で日常会話ができる外国人ITエンジニアを、成功報酬型でご紹介する人材紹介サービスです。 このサービスの主な特徴は次の4つです。 1.日本語での会話ができる外国人ITエンジニア 読む・書く・話すのバランスが取れた日常会話レベルの外国人ITエンジニアをご紹介。 日本語会話レベルの参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=H4GJ3bcUS3Y 2.独占人材(内定承諾率100%) フォースバレーが独自のネットワークで集めた現地のエンジニアを独占的にご紹介。 3.地方・中堅・中小企業への応募が多い 東京にこだわらず日本での就業を望んでいる人材が多く、地方企業でも十分に採用可能。 提示年収が東京の平均より低くてもオファーを受諾するケースがほとんどです。 4.2年間退職時全額返金保証 返金保証の業界慣習は返金保証期間が長くて半年、返金率は10-30%。フォースバレーでは早期離職を防止するため、精度の高いマッチングと人材ケアを提供します。2年間の退職時返金保証を実施することで、人材獲得だけでなく人材定着まで支援します。


企業情報

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社は、世界中の人材と企業を繋ぐ、グローバルな採用支援事業を「Connect Job」のブランド名で展開。自社開発のデータベースには186の国と地域、累計約46万人の人材が登録しており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に地方・中小企業まで約400 社との取引実績有り。2021年4月には特定技能向けオンラインマッチングプラットフォーム「Connect Job WORKERS」、11月には留学生向けオンラインマッチングプラットフォーム「Connect Study ABROAD」を展開するなど、SaaS領域でもサービスを拡充しています。また、経済産業省・沖縄県・富山県・静岡県・長野県等、省庁・地方自治体からも事業を受託。雇用不足の国から人材不足が深刻な日本へ優秀な人材を迎え入れ、ビジネスの力で世界中の社会問題の解決に貢献します。 ▶︎公式サイト:https://www.4th-valley.com/ 【本件に関するお問合せ先】 本件の資料請求や詳細情報は担当窓口までお問い合わせください 新規事業担当:翁長 駿次(おなが しゅんじ) info@4th-valley.com



コメント


bottom of page